So-net無料ブログ作成
検索選択

高校受験の合否を決める教科 [高校受験勉強法]


20100814_23012.jpg


高校受験、何とか志望校に合格しようと、毎年中学生が
この目標に向かって勉強をがんばっていることでしょう。



全員が志望する高校へ合格すれば何もいう事はない
のですが、どうしても「合格」する生徒と「不合格」
する生徒に分かれてしまいます。



小学校や中学校で、受験を経験する場合もあるでしょうが、
高校受験となると、志望高校を決める場合は小中学校受験
とは違って、中学生自身の意志が入る割合が大きくなります。



ですから、合格するか不合格になるかというのは、
社会人になる前としては、中学生本人にとって今後を
左右するくらいのとても大切な選択に直結します。



そういう意味でも、できるだけ志望校に合格するほうが
いいのはわかっていると思いますが、その高校受験の
合否を分ける教科があるのをご存知でしょうか?



先に結論をお伝えします。


実は、「1」になる人と「2」になる人の大きな違いは、

★「英語」と「数学」に力を入れたかどうか

これが全てと言っても過言ではありません。



高校受験は5教科の合計点で合否が決まりますが、
最も『大きな差』がつくのが、「英語」と
「数学」なのです。


ですから、「1」になるための最低条件として、
英語と数学の勉強に力を入れる事が求められます。


苦手と感じたその日から、復習して下さいね。


毎年、大勢の受験生が第1志望校に不合格になり、
泣いています。


その原因は「英語」と「数学」で大量失点してしまい、
ライバルたちに『大きな差』をつけられたからです。


英語と数学の復習をサボった人が、「2」になる
可能性が非常に高くなっています。


ですから僕らは、そうならないように、
英語と数学は常に得意にしておかなければなりません。


教科の優先順位「第1位」が、英語と数学、
という事です。


英語

数学


この2教科が、「同率1位」なのです。


今の時点でお子さんが、「英語が得意」「数学が得意」
という状態なら、それはかなり有利です。


受験における大きな武器になりますので、
今後も得意教科として育て続けて下さいね。


今の時点でお子さんが、「英語が苦手」「数学が苦手」
という状態なら、受験に不利になりますので、


今すぐ復習に取り掛かって下さいね。



⇒【やる気が出る勉強法】詳細



それでは、高校受験目指してがんばってください。


がんばれ!中学生![本]


ありがとうございました。



zk.jpg


ps.
英語学習については、中学生のタイプにもよりますが
リスニングや会話から入っていくとスンナリといくタイプ
も少なくありません。
今、リスニングや英会話を無料で学べると中学生の間でも
話題の「イムラン先生の無料メルマガ」を読んでいる
生徒が増えています。詳細は以下からご覧になれます。
※期間限定に付、ご覧になった時点で無料受付終了していた
 という場合もありますので、その場合はごめんなさい。
⇒イムラン先生の無料メルマガ



記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングをクリック
していただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking











nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。