So-net無料ブログ作成
検索選択

勉強できない(成績が上がらない)中学生の受験勉強方法 [成績を上げる勉強法]


cpcp.jpg


3月まで中学2年生だった生徒も、中学3年生になり
いよいよ高校受験が現実味を帯びてきましたね。

成績が上がらず悩んでいる中学3年生にとっては、
高校入試まであと数か月しかないと焦る気持ちが
湧いているのではないでしょうか。[あせあせ(飛び散る汗)]


でも、諦めるのは早いです。


実は、勉強できない(成績が上がらない)生徒は、
勉強方法において「ある共通した特徴」[たらーっ(汗)]があります。


それに早く気付いて、成績の上がる勉強方法に
今から切り替えれば「志望校合格」というのはまだ、
間に合う時期なのです。


どういうことかというと・・・

lu.jpg





tc2_search_naver_jp.jpg


今からだと、高校受験までもう1年ありません。


でも、逆に言えばまだ「半年以上ある」

と考えることもできます。


人間、真剣になった時に出せるパワーというのは、
ものすごいものです。


中学3年間を、普通にダラダラと勉強するくらいなら、
あと半年強?を目いっぱい真剣に勉強するほうが、
場合によっては効果があがります。


また、長期に渡るとモチベーションを維持する
という面から見ても難しくなります。


中学生だけじゃなく、大人だって同じです。


本当に集中できる時間というのは、15分とか30分
と言われています。


ですから、” 長く勉強したから効果が上がる”


なんていうのは、真っ赤なウソでしかありません。


ただし、今から集中して6か月強の受験勉強をするには、
勉強方法を変える必要があります。


短い時間で、最大限の効果を出す必要があるからです。


目的は「志望する高校に合格すること」ですね。


この目標に向かって、正しい勉強方法で突き進む
ということが絶対に必要です。


私も経験がありますが、

「1年生からまず復習しなおそう・・・」

などという無意味な行動をしてしまいがちです。

bk3.jpg


また、得意で好きな教科ばかり勉強してみたり。


結局、今できる「楽なほうへ流される」というのが、
だれにでもある逃げになるのです。

そうして、そこそこの時間「勉強したつもり」になって、
自己満足するという悪循環を続けるのです。


さて、どうすればいいのでしょうか?


短期間で効率が上がるということは、
当然ですがテストの点数しかり、成績はアップします。


なので、当然のごとく「やる気は出てくる」はずです。


短時間集中して勉強したら、目に見えて成績が上がる。


これほど勉強をやる気にさせる「薬」はありません。


実は、当ブログで以前から紹介している勉強方法、
【中学生がやる気を出す勉強方法】


別名:オール5家庭教師が2週間で成績を上げる自立学習
講師でもある佐々木勇気氏が、このたび無料メルマガ
勉強方法を指導してくれることになりました。


無料メルマガを読むだけで、各教科別の勉強方法が
わかりますので、特に受験生には読むことをすすめます。

⇒【中学生がやる気を出す勉強方法】無料メルマガ


尚、オール5家庭教師が2週間で成績を上げる自立学習を
即やってみたいので詳細を知りたいという方は、
以下のページをご覧ください。
⇒オール5家庭教師が2週間で成績を上げる自立学習


ガンバレ、中学生![本]




nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。