So-net無料ブログ作成
検索選択

高校受験に合格した中学生には共通点が・・・ [高校受験合格の共通点]

zk.jpg

 つい先日まで中学3年生だったあなたが、
いよいよ高校に入学です。


志望校に合格した生徒もいれば、
不合格で涙をのんだ生徒もいるでしょう。


でも、実は高校受験に合格した中学生には
共通点があるのをご存知でしょうか?


4月から新たに中学3年生となるあなた、
そして2年生や1年生にも重要な話です。

 

 

 

 

 

 haru_0389.jpg

 

実は「高校入試に合格した生徒」には
ある共通点があります。


それも毎年、毎年、同じ共通点です。



ところが、これが出来ている人は
そんなに多くないという現実があります。


逆に言えば、今から言う「合格している共通点」
さえ押さえることが出来れば、来春の高校入試は、
志望校に合格できる可能性が格段に上がります。[グッド(上向き矢印)]



なので今日は、その「ある共通点」の話をします。



中1生&中2生にとっては、
本当に大切な話になってきますので、

入試本番で結果を出したい人は、熟読して下さいね。

 

 

さっそく結論から伝えてしまいますが、
合格する人の共通点、それは、

英語、数学で高得点が取れている」[本]

という事です。

ちなみにここで言っている「高得点」というのは、

周りの生徒(ライバル)に比べて

「得点が高い」

という状態を指していますので、

平均レベルの高校なら「平均点+10点」
くらいでも高得点と言えます。

とにかく大切なのは、

「周りの生徒より
 英語・数学で高得点が取れている」

という状態です。

なぜこれが大切なのかと言うと、

英語・数学が苦手になってしまうと、

その教科が「大きな穴」に
なってしまう事が多いんですね。

数点の失点で済まずに、
数十点という大失点に繋がる事が多いので、

もう他教科でカバーできなくなってしまいます。



その結果、不合格になってしまうわけですね。



合格する生徒というのは、
ここらへんの事情をよく分かっていますので、


『英語・数学は苦手になったらすぐに復習する』


というスタイルを、3年間徹底して貫いています。



ですから苦手単元をダラダラと長期間
引きずる事がありませんので、

毎回の定期テストも安定します。



実際に、合格した生徒からの
メッセージを読んでいると、

「早めに英語の復習に
 取り掛かったのが良かった」

「長期休暇に数学の復習に
 じっくり取り組んだのが良かった」

という意見が目立ちます。



やはり英語・数学が合否を分ける
大きな要素になっているようですね。


4月から新学年を迎える中学3年生はもちろん、
中1生・中2生も春休み中に英語・数学の復習を
しておきましょう。


大袈裟でなく、来春を笑顔で迎えることが
できるかどうかが決まります。


受験数ヵ月前になってから
「ヤバイ!」[あせあせ(飛び散る汗)]
焦って対策するのではなく、

今の時期から
しっかりと復習していく事が、
合格への第一歩になります。

 

 ガンバレ!中学生![本]

 haru_0388.jpg

記事が参考になったよ!



と思われましたらブログランキングをクリック



していただけるとうれしいです。



宜しくお願いいたします。






にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ

にほんブログ村









FC2 Blog Ranking

 





 

 

 


nice!(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。